ホーム » 未分類 » 借地権とトラブル

借地権とトラブル

不動産とトラブルは切っても切れない関係にあるといっても良いくらい、非常に多くのトラブルを引き起こします。借地権にまつわるトラブルも多く、借地権の更新が出来なかったり、手元の土地を自由に使うことが出来なかったりと、過去にも多くの事例が報告されています。トラブルに巻き込まれるのを防ぐとともに、万が一トラブルに巻き込まれてしまったときは、どのように対応すればよいのでしょうか。

借地権は、土地を持っている地主から、建物を建てるために土地を借り受けるための契約で、地主が契約した年数の間は、その土地に建てた建物を自分のものとして管理できるようになります。借地権を得ると、建物と土地の権利が地主と借主に分かれる為、自由に建物の増築が出来なかったり、契約の更新に応じてくれなかったりと、円滑に生活したり、投資に挑戦することが出来なくなったりと、想像以上に多くのトラブルに巻き込まれるといいます。個人間の話し合いで解決できればそれに越したことは無いのですが、それも難しい場合は、専門家に早めに相談しておいたほうが良いでしょう。

借地権にまつわるトラブルに発展したときは専門家に相談するのが一番確実です。借地権自体面倒な決まりが多いため、予備知識がないとちゃんとした話し合いを行うのは困難になるでしょう。借地権など、不動産関連のトラブルに付いて相談を受け付けている法律事務所などはたくさんあります。中でも借地権に強い方など、得意分野をアピールしている人は多いので、そうした情報を参考にすれば、すぐに問題解決してくれる方を探し出すことが出来、話し合いもより円滑に進むことが出来るはずです。