ホーム » 未分類 » 知識不足に悩んだら

知識不足に悩んだら

建物や土地を所有すると、何かとトラブルに巻き込まれるようになります。例えば借地権を所有しており、他人の土地に建物を建てていたり、遺産相続した土地に、他人の建物が建っていた場合、建物を自由に増改築できなかったり、土地を売却出来なかったりと、思うように不動産を扱えなく恐れがあります。専門知識があれば対処も出来るでしょうが、そもそも不動産についての知識が足りず、どう対処すれば分からないという方も多いので、困ったことがあれば専門家に相談しましょう。

借地権のトラブルは、地主や借地権所有者との交渉が主な原因といわれています。借地権の契約内容を変更し、建物の構造を変えたり、借地権の更新を行わず、建物を処分してた土地を売るなど、事例はたくさんありますが、交渉が成立すればトラブルは起きません。大抵は土地と建物の所有者それぞれに思惑があり、交渉が進まないことが多いので、裁判で決着をつけることになります。当然裁判には弁護士への依頼が必須なので、借地権に関係したトラブルに強い弁護士を探しましょう。

知識不足をサポートしてもらうためにも、弁護士の存在は重要です。借地権トラブルは深い専門知識が求められますし、そもそも裁判を起こすまでの準備についても、十分な知識がないと上手く動くことは出来ないでしょう。もちろん自分で最低限の知識を持つことも重要ですが、まずは専門家に相談することから始めましょう。借地権の契約内容など、こちらにとって有利な点を見つけ、裁判になる前に話し合いを進めることも出来るかもしれません。